気になるコレステロール値を改善するのによいのは?

コレステロール値が高い?

コレステロール

父親は薄毛に悩んでいますが、コレステロール値が高いので生え際がハゲ上がってしまっていると感じています。

 

DHAやEPAは、皆さまもよくご存知の通り、イワシやマグロなどの青魚に含まれる成分です。

 

アンバランスな食事をしていると魚に多い脂分が摂取不足になって血液がドロドロになりやすいそうです。

 

血液がドロドロになりやすいので、生活習慣病になりやすかったりします。

 

そんなコレステロール値などを改善したりアンバランスな栄養の偏りを改善できるのが、魚の油なんですね。

 

体内を活性化してアンチエイジングに効果的なだけでなく、血液をサラサラにして動脈硬化を防いだり、脳を活性化させる働きがあると言われています。

 

DHA・EPA&アスタキサンチン(富士フイルム)は、これらの有効成分に加えて、鮭に含まれるアスタキサンチンを配合しました。

 

鮭といえばたんぱく質やミネラルが豊富で、健康や美容に良いと言われる食材の1つです。

 

鮭は赤い色をしていますが、実は青魚でも赤魚でもなく白身魚なんです。

 

では、なぜ赤いかというとアスタキサンチンという成分が含まれているからです。

 

鮭が産卵のために川の流れに逆らって遡上できるのも、このアスタキサンチンのパワーによるものと考えられています。

 

アスタキサンチンは酸化しやすいDHAやEPAの酸化を防ぎ、健康に役立つ成分をしっかり吸収させるお手伝いをしてくれます。

 

さらに、富士フイルム独自に開発した成分を小さくするアクアナノサイジング技術により、体内で吸収されにくいDHAの吸収力を通常の50%以上も向上させました。

 

薄毛に悩んでいる父に協力していけるように家の料理でもDHAが多い料理を作りたいです。コレステロール値などを改善するためには、コレステロールを少なくする食事と考えやすいものですが、善玉コレステロールを多めに摂ると悪玉コレステロールが減るという風に言われています。

気になるコレステロール値を改善するのによいのは? おすすめ記事