ドライシャンプーの洗浄成分の主な特徴は?

MENU

ドライシャンプーを上手く活用しよう

ドライ

ドライシャンプーでもリンスインシャンプーも結構多い様です。また介護用や体が不自由な方が使用されやすい工夫がされていたりするのが多いです。

 

洗浄成分としては硫酸系などを代表とする刺激のある高級エタノール系のはほとんどないのが多いです。

 

それは水を使用しないからでもありますが、頭皮をぬらさないで直接使用するには高級エタノール系のシャンプーでは刺激が強い傾向があるからなんですよね。

 

ですので硫酸系でもなく合成系の界面活性剤は使用されていない傾向があります。

 

 

ドライシャンプー

またアミノ酸系も含まれない天然の界面活性剤の働きがあるドライシャンプーであったり、または頭皮の保湿のみに特化したグリセリンなどが豊富に含まれているシャンプーが多いです。

 

そして頭皮を洗わないとやはり皮膚ダニやマラセチア菌など頭皮のトラブルの原因に繋がるフケ・かゆみを抑えるグリチルニチン酸ジカリウムなどが配合されているドライシャンプーが多いです。

 

より頭皮ケアをしていきたい場合にはこちらのシャンプーを検討してみるとよいでしょう。

 

ドライシャンプーの洗浄成分の主な特徴は? おすすめ記事