本を久々に買ってみた

MENU

アマゾンで最近よく本を買う

アマゾン

最近アマゾンでよく本を買うのだけれど読んでいない本が蓄積していてまだ読んでいる途中でもあるのだけれど、この間ショックドクトリンというナオミ・クラインという人が書いてある本を読んでみました。上下巻の両方があるけれどまだ上巻の半分ぐらいしか読んでいないというのが何とも言えない。

 

僕は結構ハードカバーよりもソフトカバーの方が読み易いのだけれどもハードなカバーで最初の方は読みづらい感じです。

 

途中までなんだけど、CIAとかが昔研究していたことやさらに、2009年のリーマンショックで古典的な新自由主義の崩壊と言われて久しいミルトンフリードマンの事がよく書かれていました。

 

この間選挙でも党の選ぶ基準がわからなかった人にも良い本だと思います。

 

本を買う

理由は新自由主義思想そのままな党などもあったのでそのあたりは参考になるのではないでしょうか。

 

またどのように人を洗脳しているかというのが色々今ではマスメディアとか言われているがそのあたりなど照らし合わせて見てみると良いのではないでしょうか。

 

よくニュースとかで犯罪などが取り上げられるケースが多いですが、頻繁に事件が起きているような錯覚に陥りやすいです。

 

しかし江戸時代とかよりも犯罪は減っているというのがやはりあります。世界一犯罪が日本は少ない国ですから・・。

 

ということで犯罪ばかりのニュースを流すことで希望というのをくじく役割があるんですよね。

 

終わっている日本とか。様々です。そこにいろいろな思想とかに傾けるためにショック療法などいろいろな場面で使われるというのがありますが、そういった事一つ一つ取り上げられているというわけではない本ですが、参考になるような本ですよ。

本を久々に買ってみた おすすめ記事