大味サイトマップ

脱毛症にはどれくらいの種類がある?

脱毛症

脱毛症には色々種類があります。男性だと主にメインとなるのが男性型脱毛症でAGAといわれています。

 

一般的に進行性の脱毛で一番多いのが特徴です。

 

他にも脂漏性脱毛症です。

 

脂漏性皮膚炎が関係している薄毛です。

 

また円形脱毛症があります。円形脱毛症は自己免疫などにも関わってきているというのもあり、保険が適応されます。

 

種類

また脱毛症でもその他の他の疾患が関係する脱毛症もあります。

 

フケが原因の粃糠性脱毛症は非常に少ない脱毛症で数パーセントしかない脱毛症です。

 

脂漏性脱毛症は男性型脱毛症と同時にある場合もあります。

 

男性型脱毛症をAGAと呼んでいますが、原因としてジヒドロテストステロンと呼ばれているホルモンが関係しています。

 

テストステロンという男性ホルモンがあります。5αリダクターゼと呼ばれる酵素が発生しテストステロンをジヒドロテストステロンに変化させてしまいます。

 

そうする事で毛包がミニチュア化してしまい髪が細くなってしまいます。

 

髪の成長期が短くなりすぐに抜け落ちてしまいます。そうする事で薄毛になっていきます。

 

進行性なので、中々薄毛が改善しない傾向があります。

 

薄毛の治療方法として、5αリダクターゼを阻害するフィナステリドなどの成分を使用した内服薬に加えて発毛を促すミノキシジルの外用薬が主に治療方法の基本となっています。

 

まずは薄毛でも色々種類もあるので、薄毛などに詳しい皮膚科などに受診してみるのも良いかもしれません。

脱毛症にはどのような種類がある?おすすめ記事