大味サイトマップ

アミノ酸系シャンプーにはどんな種類がある?

アミノ酸系

アミノ酸系シャンプーと言っても使用されているアミノ酸系には色々種類があります。

 

今でもどんどん新しいアミノ酸系が増えてきていますが、主にアミノ酸系洗浄成分の代表的な成分を紹介したいと思います。

 

多く使用されているアミノ酸系ではグルタミン酸があがります。非常にシットリしたタイプのアミノ酸系です。

 

主にアトピーの方や肌に優しいタイプというとまず上がるような成分です。

 

次にアラニンと呼ばれるタイプです。このアラニンというタイプはふんわりサラサラなタイプです。

 

アミノ酸系シャンプー

次にグリシンと呼ばれるタイプですが、この辺りから少しマイナーになっていきます。

 

石鹸みたいなサッパリ感がありながら刺激的な成分ではありません。

 

次にタウリン系です。主にアミノ酸系でも洗顔フォームなど洗顔料として使用されていることが比較的多いです。

 

次にアスパラギン酸です。美容室系メーカーのシャンプーで見かけることがありますが、犬用などにみられるなど黒髪ではなく明るい髪などに使用しやすいシャンプーです。

 

他にもコラーゲンなどあります。NAやTEAなど英語の文字を見かけることがあると思いますが、使用感的にはNAはサラサラ感があります。

 

TEAはシットリ感が出やすいです。

 

ですので、グルタミン酸TEAと書かれている場合には非常にシットリしやすいシャンプーになります。

 

同じようにアミノ酸系とありますが、使用感や用途など細かく違いがあります。しかし全体的に刺激が少なく洗浄力も温和な傾向があります。

 

アミノ酸系シャンプーにはどんな種類がある?おすすめ記事