バリア機能が低下している?

MENU

バリア機能が低下していると敏感肌につながりやすい?

バリア機能

バリア機能が低下していると敏感肌につながりやすいですが、敏感肌でなくても水分量が少なくなってきたときは、洗顔とクレンジングの見直しから始めてみるとよいでしょう。

 

水分量が少なくなると肌は乾燥していきやすいですが、バリア機能も低下しやすいので乾燥性敏感肌につながりやすいです。そんなときはまずは洗顔からの見直しなのですが、洗顔石鹸やクレンジングでも水分量や皮脂が取られすぎないスキンケアアイテムを選んでいくとよいでしょう。

 

界面活性剤でも洗浄力が強すぎるとやはり肌の内部が乾燥してしまい洗浄力が強いというのは浮かせる力が強いので内部の水分まで浮かせようとする力も強くなるようです。

 

ですのでクレンジングでも洗顔でも洗浄力が強すぎない毛穴の中がキレイになる製品を選びましょう。

 

低下

次に保湿ですが、保湿をしっかりしていくためには、保湿成分でもコラーゲンやエラスチンなど角質層を満たすというのはバリア機能を保つ上で大切ですが、バリア機能が低下すると水分も流出するので保水力がアップするセラミドを補充していくことが大切です。

 

ですので最初に浸透させるのはセラミドが良いので、化粧水や美容液はセラミドが豊富で、保湿クリームはコラーゲンなどが豊富なのが良いでしょう。

 

バリア機能を考えた場合には普段から使用するコスメは低刺激な方がバリア機能には嬉しい事かもしれません。

バリア機能が低下している?おすすめ記事