宿る感サイトマップ

そこそこ洗浄力があるシャンプーってどう?

洗浄力

アミノ酸系シャンプーというと洗浄力も温和で低刺激なシャンプーという印象があります。

 

また高級アルコール系は洗浄力が強めとよく言われたりしますが、かなり極端に違いがありますよね。

 

アミノ酸系になるとどんどん洗浄力が弱めなシャンプーでも肌に優しいという面が加わっています。

 

頭皮ケアなどを考えている人には良いのではないでしょうか。夏場などもう少しサッパリしたいという場合にはどういったシャンプーを選ぶと良いのでしょうか?

 

同じメーカーでも種類多く今ではシャンプーが販売されています。

 

シャンプー

その中でも一般的な傾向として洗浄力が高めなのは、アミノ酸系などをベースにしたシャンプーで高級アルコール系洗浄成分をサブで配合したシャンプーなどが比較的洗浄力もやや高めになっています。

 

また酸性石鹸という洗浄成分を使用しているケースもあります。酢酸ベースのシャンプーで高級アルコール系に比べると刺激は少なくなっています。

 

高級アルコール系の洗浄成分にアミノ酸系を加えたシャンプーは結構刺激も抑えられていると思いますが、市販の多くのシャンプーではこのような配合がなされています。

 

ですので、海外製よりも比較的洗浄力が抑えられているというのが特徴かもしれません。言われているほど刺激がも強くなく、品質という面で価格は抑えられていると思います。

 

アミノ酸系との価格帯の差が結構ありますが、高級アルコール系をメイン洗浄成分にしてしまうとコーティング系成分が必要になったりすることもあるので、アミノ酸系ベースで補助的な洗浄成分で洗浄力を増やすという面が結構最近では見られる傾向です。

 

そのうえでミントやメントールなどが配合されているので、シットリしやすいアミノ酸系でもメントールなど配合されていると爽快感はないけれどスッとしたアミノ酸系特有の重さが軽減されて気分転換に良いですね。

そこそこ洗浄力があるシャンプーってどういうの?おすすめ記事

シャンプー